印鑑登録証明書の取得方法!

印鑑登録証明書の取得方法をまとめました

証明書の料金について

Pocket

印鑑登録証明書の手数料については、各市区町村によって異なるほか、セブンイレブンなどのコンビニやショッピングモールでも料金の変動があります。一概に正しい数字を出すことはできませんがあくまで目安として把握してください。印鑑登録の申請には通常、200円から500円ほどの手数料がかかります。そして、証明書の発行にも200円から400円の手数料がかかります。関西圏では300円以下、関東圏では400円というところが多いですね。

印鑑を再登録する場合は300円以下の手数料が、カードの再発行には最高600円の手数料がかかります。今現在登録している印鑑をやめて再度登録する場合は、新しく実印を作って登録する必要があるので手数料とは別に印鑑を作る費用がかかります。

住民基本台帳カードを使ったコンビニやショッピングモールでの証明書発行は料金が安くなっています。住民票の写しは150円。印鑑登録証明書は150円、戸籍謄本は400円と役所よりも50円は安いです。また、証明書交付サービスを行っているコンビニも増え、セブンイレブンやローソン、サークルKサンクス、ファミリーマートで交付サービスが行われています。事前に登録が必要ですが、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

関連リンク-印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】

代理人による取り方

Pocket

印鑑登録を代理人が行う場合は委任状が必要ですが登録証明書の発行には委任状が必要ありません。代理人がカードまたは登録証を持参することで取得できます。住民基本台帳カードという身分証明カードもあります。これは、簡単に印鑑登録証明書などの必要書類を取ることが出来る身分証明カードであり、一部の市区町村ではコンビニやショッピングモールで取ることが出来ます。

この住民基本台帳というカードはかなり大切なもので、この身分証明書だけでなんでも出来ると言っても過言ではありません。そこで、「無くしてしまったら」「コンビニで取得するなんて」と不安を覚える方も多く、個人情報流出の可能性に不安が抱かれています。

そこで市区町村では「本人による申請」が勧められています。あくまで休養ではない限り、本人が出向き、住民台帳カードに載っている顔写真と照らし合わせての本人確認が勧められているのです。本人の身動きが取れない場合などは仕方がありませんが、カードを無くさないよう注意しましょう。また、印鑑登録証明書を取得する流れはとてもスムーズですが、簡単に発行して良いものではありません。大変重要な証明書ですからトラブルにつながらないよう心がけましょう。

印鑑登録の仕方

Pocket

まずは実印を用意しておきましょう。実印とは大切な契約をする時に必要な印鑑ですから、簡易のものでなくしっかりとした印鑑を使用します。シャチハタや三文判は登録できないのでご注意ください。お住まいの市区町村へ行って、まずは印鑑登録の用紙に記入します。登録には身分証明書が必要です。運転免許証または写真付きの住民基本台帳カードが必要ですが、保険証だけでは申請できません。障がい者手帳など2つの証明書を合わせて出すことで認めてもらえるところもあります。

役所の窓口が混んでいなければ申請には5分も必要ないでしょう。実印登録が完了するまでも数分とかかりませんから、印鑑登録証やカードをもらったらすぐに印鑑登録証明書を発行することが可能です。申請にあたって、実印がNGだったり身分証明書が確認できない場合は印鑑登録辞退できませんから、事前の準備を怠らないように。実印も1つは自分専用のものを作っておいた方が良いですよ。

役所が混んでいる場合、順番に完了されて行きますから午前中に行ったとしても印鑑登録だけで半日以上かかることだってあります。余裕を持って行動をし、急に必要な場合でもすぐに証明書を発行できるように、住民基本台帳カードを持っておくと便利です。

印鑑登録証明書を取得

Pocket

印鑑登録証明書を取る際は、先に印鑑登録が必要です。証明書の発行には、印鑑登録と同じように本人による申請が必要です。そして、代理人による申請も可能です。基本的な印鑑登録証明書の取り方の流れを簡単にご紹介します。

印鑑登録の際に発行された印鑑登録証または印鑑登録カードを持ってお住まいの市区町村窓口で印鑑登録証明書用紙に記入し、申請します。その際に必要な手数料は市区町村によって異なりますが、たいてい300円程度です。また、発行にかかる時間も様々ですが混んでいなければ30分以内には発行してもらえるでしょう。ここで注意点があります。印鑑登録ができていても印鑑登録証や印鑑登録カードがなければ証明書を発行してもらうことはできません。免許証や保険証だけでは発行できないので注意してください。また、氏名や住所などをしっかり記入できなければ本人だと認めてもらえませんから、自分の住所くらいはしっかり覚えておきましょうね。

印鑑登録カードは通常、暗証番号が設定されています。4ケタの暗証番号を記入(または入力)して発行されますが、3度間違えると印鑑登録のしなおしになるので注意してください。そして、代理人申請の場合は委任状などは必要ありませんが、同じ手続きの流れが必要です。注意点は熟読してもらうようにしてください。印鑑登録の流れや代理人による申請は別途ご紹介します。当サイトでは、印鑑登録証明書の取り方を詳しく紹介します。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén